1. 無料アクセス解析

静岡東高ファンのための情報ブログ

静岡東高ファン21期永野が集めた、静岡情報満載の 見て楽しい、読んで楽しい フォトブログ。 もちろん静岡東高情報も、随時発信!

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2005/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前書いたブログ記事
甘夏やじきたの びみょ~な関係。
http://nagano.blog16.fc2.com/blog-entry-94.html
のコメント欄で、
話が盛り上がった ので、


十返舎一九
東海道中膝栗毛
この2つの、インターネット情報を、
ちょっくら、まとめてみましたよ~



駿府公園の角に建つ
巽やぐら
20051204123206.jpg

この写真の左端に、『やじきたの像』が、
ちっちゃく写っています。
画面をクリックして、探してみてね。



話題の発端。
やじきたの像
やじさん(弥次郎兵衛) きたさん(喜多八)
20051205233655.jpg



東海道中膝栗毛』って、
どんな だっけ?
http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/
tokaido/02_tokaido/04_qa/index6/answer3.htm



十返舎一九』って、
どんな なの?
http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/
tokaido/02_tokaido/04_qa/index5/answer3.htm



へぇ~『十辺舎一九』って、
こんな だったんだ!
http://www.ochakaido.com/rekisi/jinup/jinup02.htm


十辺舎一九』と、
静岡 の、深~い関係。
http://tokdo53.arrd.net/yj-01/itikyu.html


せっかくなので、
東海道中膝栗毛』の
府中宿(静岡) の場面を、読んでみよう!
http://tokdo53.arrd.net/yj-01/hiza-02/20futyuu.html
けっこう、おもしろいんだよねぇ~
スポンサーサイト
ストリートフェスティバル・イン・シズオカ 』で、

瀧田 勇樹さん
  (たきだ ゆうき)
http://spaces.msn.com/members/
takidanonikki/PersonalSpace.aspx?_c=

のライブを聞きました。

静岡のなじみの場所を、織り込んだ歌詞。
のびやかな歌声。

なかなかいいじゃん。と、思ったので、
CDを買ってみました。

すると、
そのCDを売っていた、
ストフェスのスタッフさん。

どっかで、見覚えがある

そうだ~。
静岡東高の応援団の後輩じゃん。
なんどか、東高の野球応援で会っていたんだよね~。

28期生の
岡村 真 さんだった。
(おかむら まこと)

岡村さんも、
今、声かけようと思ったとこでした。」
なんて、答えていた。

よくよく、話をきいてみれば、
27期の大西さんとも、顔見知り。

彼も、二人組みのユニットを組んでいて、
音楽活動をしているそうだ。

その名前が、
Amusement Tao

近々
師走音夜
-shiwasu oto ya- と題して、
ライブを、行うんだって!

20051204124112.jpg


日時:12月3日(土) 
     OPEN 19:30  START 20:00

場所:MAKANMAKAN
   静岡市葵区一番町41-2 マカンマカンビル1F
   二番町のデニーズ』の向かいだよ。

クリスマスも近いし、
すてきな夜になるんじゃないかな。


Amusement Tao のホームページ
http://www.taoweb.org/index_main.html
静岡東高27期
大西真樹(おおにし まさき) さん

『ストフェス』での、ライブ風景


こんな感じで、歌っていたよ!
20051204123532.jpg

やさしい歌声が、
会場いっぱいに、響きわたる。

ワンブロックに、一ヶ所づつ。
合計5ヶ所ほどの演奏ブースが、
設けられていました。


ギターを弾きながら。
20051204123556.jpg

演奏時間は、一組30分。
あいだに、トークをはさみながら、
4曲ぐらい演奏する人が、多かったよ。


聞き入るチビッコ。
20051204123613.jpg

娘で~す。
音楽にあわせて、
手拍子したり、
おしりを、フリフリしてました。


ライブのあとに、
大西さんのアップを パチリ。

20051204123636.jpg

本日一発目のライブ終了後、
2時間以上にわたって、
大西さんと、
お話しさせていただきました。

東高の話題も、てんこ盛り。

その時の模様は、
機会をあらためて、掲載させていただきま~す。






昨年、たまたま出くわした
ストリートフェスティバル・イン・シズオカ

手作り作品』が多くて、とっても楽しかった。

ことしは、はじめっから、
このイベント目当てで、街へくりだしてみた。


会場スケッチ ご覧ください。

パンフレット
20051204124433.jpg

会場で、配られている。
出演者』と、『出展者』の一覧が、載っている。
ホームページも、書いてあるので、
もらっておいたほうが、いいよ!



青葉シンボルロード
20051204124503.jpg

市役所から、青葉交番の間で、開催されていた。
このぐらいの距離。
散策するのに、ちょうどいいよね。



ニット帽屋さん
20051204124538.jpg

とっても、カラフル。


ガラスでつくった葉っぱ
20051204124600.jpg

作り方を書いてあったよ。


ミニチュアアート
20051204124621.jpg

とっても、『ちっちゃな作品たち』
手前に写ってるのが、1歳10ヶ月になる娘の手。



絵はがき屋さん
20051204124642.jpg

全部、手書きのようだった。すげ~。


手作りクマさん
20051204124704.jpg

こういうのも、
『テディーへベア』っていうのかな?



スプレー缶アート
20051204124724.jpg

横幅10メートルはある、大壁画。
3人ぐらいで、描いていた。
みんな、興味津々で、眺めていたよ。

防塵マスク』と、
ずらりと並んだ『缶スプレー』が、
異様な雰囲気』をつくっていた。



なんや、かんやと、見るものいっぱいの、
やっぱり楽しいイベントで~す。


ストリートフェスティバル・イン・シズオカ
http://www.streetfestival-shizuoka.com/stfes/stfes.html
2005年11月17日(木)PM3時
御宿(みしく)さんの講演を聞く前に、

東高の大けやき さんに、
ごあいさつ。

そしたら、
とってもきれいに、紅葉していた、


正門ごしに見る欅
校門から見る秋欅

旗用のポールと、電線が、
ちょっとジャマなんだよね。



校舎側(北側)から見た欅
秋欅全景

欅全体を、撮影できる、唯一のポイント。
ここだけ、芝生と、校舎南側の通路との間に、
木が、植えられていないのだ。



校舎側(北側)から見た欅2
秋欅上部
秋欅下部

1枚では、左右が、切れてしまうので、
横位置で、上下に分けてみました。

やっぱ無理か。ちょっと切れるなぁ。



グランド側(西側)から見た欅
秋欅こずえ
秋欅幹

こっち側は、欅へのアプローチが、
まったくないので、
芝生の中に入っての撮影。

だから、距離がとれずに、全体を写すことは、
まったくできませ~ん。



たくましい枝が、
 天にむかって伸びている

秋欅 枝アップ

欅を通してみる青空
紅葉けやきと青空



に撮った欅の写真は、こちら
http://nagano.blog16.fc2.com/blog-entry-32.html

こんなに、りっぱな
甘夏みかんが、
20051205233446.jpg


たわわに、実ってるぞ~。
20051205233504.jpg


場所は、駿府公園の内堀ぞい。
巽やぐらの前あたり。
(静岡らしくていいじゃない。)


ところが、
この『甘夏みかん』のおかげで、
迷惑しちゃってる人達がいる。


東海道中膝栗毛』で、有名な、
弥次さん』『喜多さんのおふたりだ!
20051205233655.jpg

江戸時代の、日本人の平均身長をもとに、
作られているため、

背の高さは、
今の中学生ぐらい

よく、できているので、

巽やぐらをバックにして、
一緒に、 記念撮影したいところだが、
20051205233717.jpg

どうも、
この『甘夏みかんの木』が、
ジャマになる。
(この木の向こう側に、二人がかくれているんだよね~)

昔、笑っていいとも!にでていた
マッスルばりに、
おおげさに、ポーズをとっている姿が、
20051205233938.jpg

ちょっと、むなしいなぁ~
これ、な~んだ。
20051205234449.jpg

木の根っこじゃないよ。

静岡市の安倍川上流の、山ん中で、採ってきた
(山の持ち主には、ちゃんと、ことわってありますよ。)
天然の山芋なのだ。

葉っぱ』と、『蔓(つる)
20051205234525.jpg

山芋を、見つけるには、これが、たよりさ。

冬になると、この目印が、完全に枯れて、飛んでしまう。

そのため、
素人は、今のうちに、山芋堀りに、出かけるって訳。


掘り出した『成果』。
20051205234600.jpg

掘り方も、へたくそなので、

ご覧の通り
『ボキ、ボキ』折れちゃう。


つなげると、こんな感じ。
20051205234616.jpg

この下に、まだまだ、延びていたんだけど、
素人には、これが、限界。

格闘時間、40分超!

よく、
山芋堀りをする人達から、
山芋だきゃ~(だけは)、かんたんには、あげられね~なぁ。
という話を、聞いていたが、

ほんとに、そうだよなぁ~。
実感!

 この日の夜。

熱あつのご飯にの上に、

たぷっと盛られた天然山芋

実に、旨かった。
今回は、
静岡東高27期生
大西 真樹さん
  (おおにし まさき)
  を、ご紹介します。

静岡で、音楽活動をされていて、
http://www.at-s.com/bin/musi/musi0110.asp?id=C6123

2004年には、
ミュージック.アットエスが、主催する

静岡に縁あるアーティストのオリジナルソング
の『楽曲視聴ランキング』で、

みごと、
NO.1に輝いています。
http://www.at-s.com/html/music/2004best10/index.html

実は、この大西さん。
以前このブログで、紹介した
おおにし@27期さん
http://nagano.blog16.fc2.com/blog-entry-3.html
と、同一人物。

さらに、
ブログを、リンクさせていただいている、
27期まきまき さん
http://plecom.org/blog/
も、同じ方なので~す。

いろんな、場面で、
名前を、使い分けていらっしゃるのであります。


最新、ライブ情報

ストリートフェスティバル・イン・シズオカ
http://www.streetfestival-shizuoka.com/stfes/stfes.html
に、出演決定

場所:
静岡市葵区 青葉シンボルロード

日時:
11月26日(土)
12:00~12:30 (Block1にて)
17:00~17:30 (Block4にて)

Block1と、Block4の位置は、この地図で、確認してね。
http://www.streetfestival-shizuoka.com/kotoshi/kotoshi.html

東高ファンのみなさ~ん。

大西さんへの応援、
よろしくおねがいしま~す。


大西真樹さんのホームページ
http://plecom.org/
静岡東高ファンのための情報ブログ
を、プリントアウトして、
クリアファイルにまとめたものを、

エルベ』さん
(静岡東高前のパン、ケーキのお店)
に、置かしてもらうことになりました。

現役生の皆様。

インターネットが、つながっていない、
おうちに住んでる、お友達へ、
教えてあげてちょ~だいね。

よろしく、おねがいしま~す。


それから、
エルベ』さんへの、
取材の申し込みも、してきたので、

みなさんの中で、
こんなこと聞いてきてほしい。
と、いうリクエストが、ありましたら、

コメントに、入れておいてくださ~い。


前に書いたエルベの記事
東高生が、だれでも知ってるお店といえば?』は、こちら。
http://nagano.blog16.fc2.com/blog-entry-34.html
駿府公園の木々も、すっかり秋色。

しかも、今日の空は、
すがすがしい青空だ。

おもいっきり、上を向いて、
色づいた葉っぱたちを、見ていたら、

陽の光で、輝いていた。


画像をクリックすると、大きくなりま~す。

20051120031943.jpg


20051120032100.jpg


20051120031842.jpg


20051120031820.jpg


20051120032201.jpg


20051120031623.jpg


その気になって、見つめてみると、
きれいなものって、いっぱいあるなぁ~。


み~~んな、切り取っちゃった。
2005年11月17日(木)

欅寮の前に立つ、3人の像。
陵の精 (おかのせい) 
20051120164208.jpg


20051120164314.jpg

この彫刻の作者。
静岡東高3期生
御宿 至 (みしく いたる)さん 

母校、『静岡東高校』で、講演を行いました。

演題は、
本物との出会い

会場いっぱいの生徒を前に、
お話する御宿さん。
20051120163947.jpg


その表情は、
とてもやさしく、にこやか。

20051120164111.jpg

おだやかな語り口の中にも、
彫刻への思いが、熱く伝わってきました。


11月14日(月)の静岡新聞26面に、
御宿さんの記事が、載りました。

20051120164420.jpg


新作オブジェ 御宿至展
しずおか信用金庫 本店 ギャラリーにて開催中。

11月14日~12月16日まで。
(土日祝日を除く、AM9:00~PM3:00)
2005年11月12日(土)
静岡東高21期生 橋本くんの、3店舗目のお店
( 橋本酒造グループ姉妹店 Flowing CafeNeIL )

松崎屋源兵衛
が、静岡市葵区 伝馬町に、オープンした。

場所は、ホテルCITIOの5階

テーマは、『やさしい素食
おいしいご飯と、おいしい酒を、味わえます。

20060308095830.jpg



店名の由来
慶応四年(一八六八年)
官軍の江戸総攻撃が、目前に迫るなか、

勝海舟は、使者・山岡鉄舟を、
西郷隆盛のいる静岡に送った。

江戸城無血開城』の交渉に、あたらせたのである。
三月九日、ついに、西郷・山岡の会見が実現。

現在の、静岡市葵区伝馬町にあった
松崎屋源兵衛宅』は、
当時、西郷の宿舎であり。

歴史の大きな転換期で、
重要な会見の舞台となったのである。


一歩、足を踏み入れると、
こんな雰囲気。

20060308100959.jpg

奥の小上がり席は、18名ぐらいの宴席に、ピッタリ。


テーブル席。
20060308101155.jpg

4人掛け席が3つと、8人掛け席が1つあるよ。


大広間。
20060308101555.jpg

50人ぐらいまで、対応できるみたいだよ!
部屋を、半分に仕切ることも、できるんだって。

個室入り口。
20060308101803.jpg

8帖間が2部屋。6帖間が1部屋。
お子様づれや、少人数宴席に、最適。
それから、仕事上のおもてなしの席などに、いいかも!



3連かまど。
20060308102345.jpg

美味しいご飯に、こだわってます。


日本酒、焼酎、梅酒のボトルづらり。
20060308102443.jpg

日本酒は、静岡県中部の地酒19種。
焼酎は、九州から、同じく19種。
女性に人気の梅酒は、全国から、11種。
それぞれ、とりそろえているのだ。


<営業時間>
11:30~14:00(入店まで)
お昼の定食は、1000円~1200円程度。
コースのお食事は、2500円で、やってま~す。

17:00~23:00(ラストオーダー22:00)


TEL:054-251-3310

松崎屋源兵衛のホームページ
http://oecclub.com/genbei/index.html
またまた、やる気あふれる
静岡東高の卒業生に、会うことができました。

26期 長房 訓章( のりあき ) さん
  33歳。

20051116024249.jpg

とっても、さわやかな印象の方です。

今年、静岡市内で、
土地家屋調査士事務所
  (とちかおく ちょうさし じむしょ)
を、開業されました。

実は、
奥さんも、東高の卒業生。
それも、同じ学年。

2,3年では、同じクラスなんだとさ。
(付き合い、長~~。)

もう、このブログにうってつけの、
ご夫婦なんですよ!



まず、
訓章( のりあき )さんは、
高校時代から、

群れるのが、苦手で、
いつも、単独行動ばっかりしていたらしい。

だから、将来も、できれば、
会社勤めをするのではなく、

自分で、独立して、商売を始めたい!
と、思っていたんだそうな。

それでも、
何も身に着けていないうちから、
一本立ちするわけにもいかず、

大学を卒業してから、
会社に、勤めることになる。

会社に通いながらも、
何とか独立する方法は、ないものか』と、

あれこれ、
そりゃもう、いろ~いろと、調べたあげく。

ついに、これならば、
自分に、できるんじゃないか?
と思える仕事を、発見

それが、
土地家屋調査士
  (とちかおくちょうさし)
という、仕事だった。という。

そして、実際の事務所での、『 修行期間 』と、
国家試験 』の関門を、乗り越えて、

ようやく、
今年、晴れて独立。
と、あいなったのです。

独立しても、
それで食べていかれるかは、
本人の努力しだい。というわけで、

元気 』。『 スピード 』。『 誠実さ 』。
を売りに、仕事をつづけてきた。

そのかいあってか、
人伝いに、仕事が、広がって、

おかげさまで、
当初の売り上げ目標を、
初年度から、クリア』できそうなんだって。
(やったね!)

でも、油断は、禁物。
開業ご祝儀として、
仕事を頂いている様なところもあるので。

と、本人は、あくまでも、謙虚だ。



どんな商売でも、
軌道に乗せるまでは、並大抵の苦労では、ありませんよね。


みなさんの中で、
土地、建物の登記
敷地の境界確定
などの必要が、生じた場合には、

ぜひとも、
長房さんに、お声をかけてくださいね


問い合わせは、こちらへ。

長房 訓章(ながふさ のりあき)
土地家屋調査士事務所 ホームページ

http://www.a1.0083net.com/~kzh100-8papa/

奥さんと、男の子の赤ちゃん
20051116024334.jpg

奥さんは、とっても、明るい方で、
長房さんを、あったか~く、ささえています。

結婚9年目で、授かった待望の赤ちゃん。
今年の夏、生まれたばかりで~す。
元気の源(みなもと) だね!
私は、10年ほど前に、

母のお店のお客さん(おっちゃん)を、
有東木まで、
送っていったことがある。

街道から村落まで、かなりの距離を、
くねくね登っていった。

(おいおい、こんなとこまできちゃったよ~。)
着いたのは、
夜中の12時を、とうに超えた時刻。

にもかかわらず、
そのお客さん、
まぁ、上がってけ!の一言。

遅いから、いいですよ。
と、なんども断っても、聞きゃ~しない。


ここまで、送ってもらって、
ただで、返すわけには、いかない。

の、一点張り。

しかたなく、いや、ありがたく、
お宅にあがると、


おっちゃん、
寝ていた奥さんを、起こして、


もてなしの料理を、出すわ、出すわ。

私の「本当に、いいですから~
の言葉も、むなしく響いていた。


最後に、なんと、
お・寿・司 まで。

参った、もう降参でぇ~~す。

静岡の山間部に住む人の、
『義理堅さ』あったかさ』
痛感した夜でした。


ワァウォ~~ン。
以前、NHKで、
静岡の方言
を紹介する番組があったのを、
思い出した。

インターネットで調べてみたら、

あった、あった、
ちゃんと、くわしく載ってました。

静岡の代表的な方言、『みるい』などの、
話題が、登場しています。


けっこう、おもしろい内容だったので、
皆さんも、のぞいてみてくださよぉ~。

NHK ふるさと日本の言葉 シリーズ
2000年4月~2001年3月放送。

21世紀に残したい静岡の言葉
http://www.nhk.or.jp/a-room/kotoba/32shizuoka/32shizuoka.html

当時、番組を見ていとき、
へぇ~と、感心したことがあった。

それは、
静岡市北部にある
有東木(うとうぎ)の話

わさびとお茶の里 有東木(うとうぎ)HP
http://www.utougi.com/index.htm

インターネットの画面では、
古い言葉が残る
と、だけしか、
書かれていないんだけど、

テレビ放送では、
こんなことが、解説されていた。

有東木では、
一般的な静岡の方言とは、異なる言葉
が、残っている。

それは、
江戸時代に、使われていた言葉
なんだとさ。

なぜ
今まで、使われ続けてきたのか。

地理的なものが、大いに関係しているらしい。

静岡の人の流れは、
東海道』による『の流れ』と、
川沿いの街道』による『の流れ
の二つの流れがある。

東海道によってもたらされる
新しい言葉
は、
川沿いの街道の流れによって、
少しずつひろがっていく。

有東木』は、
ホームページで、書かれていたように、

静岡市の北、
安倍川を30数km遡ったあたりにある。


ここから先が、
大いに、注目すべき点

有東木』の集落というのは、
川沿いの街道から、かなり奥まった場所

標高600mの山間に、展開しているのだ。

しかも、その割には、
東雲寺を中心に、
かなりの戸数(70戸ほど)の、
集落を形成しているんですよ。

その上、村から先に、道はなく。
かんぺきな、どん詰まり。

だから、
村の中の言葉が、周囲に影響されずに、
がっちり、固定されちゃった。
って訳なのさ。

チャンチャン。


もう一度、『有東木』の、
航空写真を、みてみよう!

http://www.utougi.com/hist/hist.htm#gaikan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。