1. 無料アクセス解析

静岡東高ファンのための情報ブログ

静岡東高ファン21期永野が集めた、静岡情報満載の 見て楽しい、読んで楽しい フォトブログ。 もちろん静岡東高情報も、随時発信!

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日前に、富士山の記事を書いたとき、

富士山の写真を撮った
ドン・キホーテ パウSBS通り店 のある場所は、

唐瀬人さんのコメントにより、
富士見台
地図で確認
という、町名であることがわかった。

まったくの偶然。

おもしろいなぁ~と、関心つつ、



こんなことも、思い出した。

静岡市には、
富士見町 も、あったはず

例のごとく、さっそく、調べてみたのさ。


静岡市葵区 富士見町
やっぱりあった。
けっこう街中。 中町交差点の近く。
地図で確認

静岡市清水区 富士見町
おうおう、清水区にもあるよ。
地図で確認


さらに、
富士見町 』について、
熱心に、調べている方のサイトを発見!

こちらによると、
全国的にあるのね。この町名。

47ヶ所もあるんだって


その他、富士山は、どこまで見えるのか?
なんかの考察をしていて、
このサイト、か・な・り 楽しいよ!

富士見町の謎を探る
http://www.tky.3web.ne.jp/~tahji/tushin/3.0.3.html
コメント
この記事へのコメント
微妙
葵区富士見町は街中ですから建物が邪魔して見えるかどうか微妙ですね。ビルの屋上からとかなら可能かもしれませんが。

いずれにしても、

「 富士とおんなは 少し離れて見るがいい 」

なんて言われますね。手に届かぬものを遠くから眺め憧れているうちが華なのかもしれません。近くに寄れば足元にたくさん立つ赤白模様の煙突からもくもくと煙りが出ているし、中に足を踏み入れればゴミだらけで汚いし。何事も現実が見えると多少幻滅すると言うことでしょうか。いずれも人間の所業ですから目を背けてはいけないんですけどね。世界遺産登録までの道のりは遠い。。。
2006/01/11(水) 11:06:53 | URL | 唐瀬人 #Pxd9RQag[ 編集]
人間の 『 ふじさん 』
富士見町を思い出したのは、

数年前に、
こんな話を聞いた覚えがあったからです。

お話をしてくれたのは、
v-50970才ぐらいのおじいちゃん。

生まれが、富士見町の近所だったそうです。

このおじいちゃんが、v-511生まれたとき、

お家から、
それは、それは、
v-352e-342すばらしい富士山v-352が、見えていたんだそうな。

そんな訳で、
このおじいちゃんの名前は、
富士夫 』となったとさ。

いまでも、
古い知り合いからは、
ふじさん、ふじさん!
って呼ばれてるんだって!
2006/01/11(水) 12:45:05 | URL | ながの@21期 #IloBEcRA[ 編集]
富士見ストーリー
葵区の富士見町は中町(本通り東端)と車町(土手通り東端)の間の比較的狭い通り沿いに付けられた町名ですね。
1928年11月に馬場町の一部から独立して付けられたようです。

一方、駿河区の富士見台一丁目~三丁目(行政上は3つの町名です。)は1973年11月住居表示制度の実施により誕生した町名です。

それまでは、正式には「大谷」でしたが大谷があのあたりから海岸までの広大な地域なので、地元では「新富士見町」と言う通称町名が使われていました。

もちろん、高い建物がなかった昔はあの辺りから非常によく富士山が見えたからで、町名としてのほか、あの辺り一般に古くから富士見ヶ原とか呼ばれていたようで、「富士見小学校」や「富士見団地」の命名などもその例でしょう。

なお、「新富士見町」の「新」は先輩格の現葵区の「富士見町」に配慮したものだったのでしょう。

私のきわめて主観的な思いでは、台地でもないのに「富士見台」という地形を無視した命名はあまり好きではありません。むしろ「新富士見町」のままでよかったように思うのですが・・・・

また、現駿河区の区名を決める際、「富士見区」を提案した方がいましたが、私はなかなかいい名前ではないかと思いました。

それと、清水区には富士見町のほか、旧不二見村に由来する「不二見」という地域名がありますね。
2006/01/11(水) 13:49:51 | URL | あおい君 #mrc10bzQ[ 編集]
富士見は、不死身
>あおいくん さん

静岡の『 富士見の歴史 』早分かりですね。

まさに、ここらへんの事情を、
知りたかったとこでした。

記事に、ぐぐっと厚みがでてきたぞ~。v-392
ありがとうございます。


ここでまた、気になることが、

富士見小学校」や「富士見団地」は、
SBSのすぐ南側にあって、
住所は、『 登呂 』なんですよね。

どうして、
登呂小学校」や「登呂団地」じゃないんだろう?

やっぱし、
登呂 』→『 とろい 』→『 おばかさん 』を連想させて、
v-358になっちゃったのかなv-361

おばかさん小学校 』じゃ、
シャレにならないもんね。

その点、
富士見 』は、いいよね。

連想するっていえば、
不死身 』だもん。
v-308縁起がいいよ!

案外、
全国的に、富士見町がある
隠れた理由かもしれないな~。v-389
2006/01/12(木) 00:44:01 | URL | ながの@21期 #IloBEcRA[ 編集]
広域地名としての「富士見」
「富士見」又は「富士見町」と言う町名・字名は、現在は全国で67箇所にあるようです。

それはともかく
>どうして、
「登呂小学校」や「登呂団地」じゃないんだろう?

たしかに
富士見小学校は「登呂一丁目」
高松中学は「登呂四丁目」ですね。
(住所というより所在地と言った方が正確だと思われます。)

でも「登呂」は「大字高松」の小字としては存在していたかも知れませんが、正式に町名となったのは、富士見台と同じく73年のことです。(六丁目は79年)
(住宅が増えたころから、地元では「新富士見町」のように「登呂台町」という通称町名は使われていました。)

それまでは
▽新町名(旧字名)
・登呂一丁目(高松の一部)
・登呂二丁目(高松の一部)
・登呂三丁目(高松・石田・有東の各一部)
・登呂四丁目(高松の一部)
・登呂五丁目(高松・石田の各一部)
・登呂六丁目(下島・西島の各一部)
でした。

したがって富士見小学校や富士見団地は、設置当時の大字名である「高松」ではなく、より「広域的地名」である「富士見」を採用し、高松中学は大字名の「高松」を採用したということでしょう。

地名の表す「地域の大きさ」を比較すると
富士見(現在の登呂や富士見台etcを含む地域)>登呂○丁目(町名としての)>登呂(小字としての)
になると思います。

逆に言うと現在の状況は、狭い地域を表す小字にすぎなかった「登呂」がそのネームバリューによって地域を拡大して「富士見」を呑み込んでしまっているとも言えると思います。

ちなみにSBSの所在地は、現在は「登呂三丁目1番1号」ですが、住居表示前は「石田610番地」でした。
2006/01/12(木) 07:53:58 | URL | あおい君 #mrc10bzQ[ 編集]
頼りにしてます。
あおい君 さん

くわしい解説、ありがとうございます。

なるほど、そういうことだったのですね!

納得。

それにしても、あおい君さんは、
いろんなことに、お詳しぃ~。

これからも、
頼りにしてま~す!
2006/01/13(金) 08:18:10 | URL | ながの@21期 #IloBEcRA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagano.blog16.fc2.com/tb.php/132-eecb9507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。