1. 無料アクセス解析

静岡東高ファンのための情報ブログ

静岡東高ファン21期永野が集めた、静岡情報満載の 見て楽しい、読んで楽しい フォトブログ。 もちろん静岡東高情報も、随時発信!

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
接岨峡(せっそきょう)温泉駅から、
終点の井川駅までは、あと3駅。

しかし、今回は、時間がないので、
そのまま、奥泉駅まで、戻ることにしました。



鉄道日本一の急勾配を、昇り降りするために、
アプトいちしろ」駅~「長島ダム」駅の区間では、

背高ノッポの
アプト式電気機関車が、接続されます。

長島ダム駅で、接続を待つ、ディーゼル機関車
20060707092848.jpg

向こう側に見えるのが、井川へ向かう列車。

接続のようす
20060707092709.jpg

20060707092730.jpg


通常のレールの内側に、
ギザギザのラックレールがついています。

20060707092759.jpg

このラックレールに、歯車を噛み合わせて、進みます。
こういった仕組みを、『 アプト式 』と、呼ぶらしい。

ノッポのお助け列車の横に刻まれた
誇らしげな『 アプトシステムのマーク 』

20060707092825.jpg


たくさんの人たちが・・・
20060707092623.jpg

間近で、連結の様子が見れるとあって、
またたくまに、カメラの列が出来ちゃいました。


現在、日本で、アプト式列車を体験できるのは、
この『 大井川鐵道 井川線 』だけなんだって!
見所いっぱいの、のんびり楽しい旅でした。


大井川鐵道 井川線 『 トロッコ列車の旅 』 後編
http://nagano.blog16.fc2.com/blog-entry-188.html

大井川鐵道のホームページより
http://www.ikawasen.jp/

日本の山岳鉄道より
http://home.att.ne.jp/red/swiss-rail/Contents/Japan.html

技術のわくわく探検記より
http://www.gijyutu.com/ooki/tanken/tanken2003/ikawa-apt/ikawa-apt.htm

1972年の大井川鐵道
http://www.dagashi.org/local/ooigawa1.html
http://www.dagashi.org/local/ooigawa2.html
コメント
この記事へのコメント
大井川鉄道 元 南海

ズムーンカー、

金谷駅に、

どのくらい来るんですか。
2008/02/17(日) 17:18:51 | URL | 大阪市民 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagano.blog16.fc2.com/tb.php/189-19d6b4c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
すっかり遅くなりましたが、夏に行ってきた大井川鉄道の訪問記です。 今回は新金谷か
2007/11/17(土) 09:59:27 | ふるさとしずおかの日常日誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。