1. 無料アクセス解析

静岡東高ファンのための情報ブログ

静岡東高ファン21期永野が集めた、静岡情報満載の 見て楽しい、読んで楽しい フォトブログ。 もちろん静岡東高情報も、随時発信!

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月16日(日)

夕飯を終え、
(今日は、ゆっくりブログの更新でもしよっかな~)
と、思っていたら、
突然、私の携帯電話が鳴った。

「もしもし、今から NeIL に、来てくれない。
タクシーできてよ、早く、早く。」

(おいおい、なにごとだよ。)

と、思いつつ、ダッシュで到着。

そこには、電話の主、おなじみ21期の橋本くんと、
私より、一回り以上年上の紳士の姿。

こちら、現在の東高のPTA会長のSさん。

(え~~。ほんとに~。)


しかも、東高4期の先輩だよ。

(またまた、え~~。)


Sさん、永野のブログ、
えらく褒めてくれてたんで、呼んじゃった。


(あらあら、恐縮。それは光栄でございます。)


という、紹介の後、

Sさんと、『東高のお話』で、
とっても、盛り上がってしまった。

話題は、
東高の現状、50周年、同窓会、
現役生の活躍、卒業生の活躍、高校時代の話、など、
どんどん、ふくらんでいった。

その中で、
東高の校歌は、いい。

という、お話は、特に印象深かった。


偶然にも、その言葉は、

昼間、『なみ@29期』さんの口から、飛び出した言葉でもあった。
東高の校歌は、いい。大好きです。」と、



Sさんは、
現役生が校歌を歌うのを、聞くたびに、

ぐっと、こみ上げてくるものを抑えるのに、苦労している。
と、語っていた。


また、『なみ@29期』さんも、
応援団が、途中でソレー~~と、掛け声を掛けるあたりから、
ぐわぁ~と胸が熱くなってくる。

と、話していた。


いいものは、世代をこえるのだ!!!


東高の校歌は、
単に、「卒業した高校の校歌だから」、

といった『なつかしさ』を超えた、
歌そのもののすばらしさ』が、潜んでいると、私は思う。


みなさ~ん。
あらためて、東高の校歌を口づさんで、確かめてくださいな。
(伴奏の音付きだから、ボリュームに注意してね。)
http://homepage3.nifty.com/shizuokahigashi/HTML/page02rekishi.htm#kouka

やっぱり、いいでしょ!
コメント
この記事へのコメント
S です。
ながのさん、おはようございます!
昨晩は、橋本君からの緊急コールに
早速NeILに駆けつけていただき有り難うございました。
NiILに行く前に既に結構飲んでいた
ので、今朝は朝食もつらいほどにア
ルコールが残ってしまい、その分記憶が飛んでしまっている状態です。
昨晩の状況を早速アップしていただき、結構テンション上がった自分を
見る思いがして、ちょっと照れますネ!
21期生の皆さんが、プチ同窓会など盛んに開催され、日々絆を強く強くされているようで、感心していましたが、橋本君の強引な「お見合い」設定で、図らずもながのさんにもお会いできましたし、久しぶりに5期生のUさんにもお会いできました。
これをご縁に、また宜しくお願い致します。
2005/10/17(月) 09:09:18 | URL | T.S@4期 #-[ 編集]
『 お見合い 』 成功 !
>T.S@4期さん

コメントありがとうございます。

昨夜は、いろんなお話を、お聞きすることができ、
とても楽しかったです。

すてきな出逢いに、感謝。

これからも、よろしくお願いしますね。

2005/10/17(月) 20:42:23 | URL | ながの@21期 #IloBEcRA[ 編集]
歴史をたずね
校歌ができたとき、バリトンの故立川清登(たちかわすみと)氏が歌唱指導にみえました。
「歴史をたずね」のくだりでは、『レキシの「キ」は、口を横に引いて歌うときれいだ』と言ったのが印象的で今でも覚えています。(ちなみに私はいつもそれを実践しています。)

余談ながら'60年代にNHKの「みんなの歌」で紹介された「大きな古時計」は、立川清登が歌っていました。平井堅とは一味違う楷書風の折目正しい歌い方はとても格調の高いものでした。(いつも余談ばかりですね!)
2005/10/18(火) 06:14:10 | URL | あおい君 #mrc10bzQ[ 編集]
『 余談 』 大歓迎 !
>『あおいくん』さん

コメントありがとうございます。

余談おおいに、けっこうですよ。
どんどん、話を広げちゃって下さいな。

いつも、
とっても楽しく読ませて、頂いてます。


ところで、
『あおいくん』さんも、
東高の卒業生だったんですね。

それも、大先輩。

いや~、v-410嬉しいかぎりです。

今後とも、よろしくねがいます。
2005/10/19(水) 01:13:14 | URL | ながの@21期 #IloBEcRA[ 編集]
現役の頃は、「甲子園出て、1勝してもこの校歌じゃ格好悪い」くらいに思っていましたが、今では「とっても素敵な歌詞だ」と思っています。変なもんですねぇ。ホントにいいものだからこそ・・・ですかねぇ。当時は「照れ」みたいなものがあったように感じます^-^
2005/10/19(水) 22:30:37 | URL | しずまち #-[ 編集]
こんにちは、ながのさん。
私の知らない「校歌にまつわるエピソード」がたくさんあるんですね~。

毎年、高校野球の時期になると家族中で「うちの高校の校歌が一番だ」と自慢大会になります(笑)
東高の校歌は
「スケールの大きな歌詞と素敵なメロディ」
「応援団の指揮」
「1番しかないところ(笑)」
が特徴・・・かな。
他校の卒業生に誇れる校歌だと思っています。

この校歌を甲子園で歌いたいなぁ。
2005/10/20(木) 18:19:31 | URL | なみ@29期 #-[ 編集]
そんなとらえ方も、あったんだね。
>しずまちさん

私は、応援団リーダーだったので、
毎回、馬鹿でかい声で歌っていました。

思いっきり歌うと、気持ちいいっすよ。
2005/10/21(金) 00:53:56 | URL | ながの@21期 #IloBEcRA[ 編集]
甲子園で、歌おう!
>なみ@29期さん

この前、
21期のプチ同窓会を開いたとき、

3次会で、
野球部OB中心に、

『東高を甲子園に行かせるための作戦会議』
を、開いたよ。

その中には、ピエール瀧くんもいたんだ。(元東高野球部)

みんな、かなり本気モード。


現役野球部のがんばりは、もちろんのこと、
OBたちの力を、ガッチリ合わせれば、

10年後ぐらいには、
「この校歌を甲子園で歌いたいなぁ。
と、いう夢。

実現しちゃうかもよ。
2005/10/21(金) 01:36:13 | URL | ながの@21期 #IloBEcRA[ 編集]
そんなとらえ方も、あったんだね(Ⅱ)
しずまちさんのようなとらえ方をする方もいらっしゃったなんて考えてもいませんでした。
でも、ものごとなんでも十人十色でいいと思います。

私は、最初、詞を谷川俊太郎氏に頼むと聞いたとき、もっと小難しいものができるのではと思っていました。しかし、できあがったものは意外に素直なもので、力こぶをこめて「作詞したぞぉー」とわめき叫ぶといった作為的なものをまったく感じさせない、まるで最初からそこにあるべくしてあるかのような自然体のものでした。こういった詞こそ本当の傑作なのかもしれません。

また、曲については、林光氏自身がピアノを弾きながら歌っているテープが学校に届けられたのですが、最初はちょっとなじめない感じもしました。しかし何回か聞くうちにこんなすばらしいメロディーの校歌は他には絶対ないと確信するにいたりました。格調が高いメロディなのですが、それでいて儀式のときしか歌えないようなものでは決してなく「快活に歌うとサマになるなぁ」というのが私の感じ方です。

つい、駄文を長々と書きつけてしまいました。
2005/10/21(金) 15:38:33 | URL | あおい君 #mrc10bzQ[ 編集]
『 校歌できたての様子 』 目に浮かびました。
>『あおい君』さん

いままで、何度も、歌ってきた『東高の校歌』

その、ルーツをたどっているような思いで、読ませていただきました。

こういうお話は、

ここに遊びに来ているブログ読者にとっても、

ひじょ~に、興味のあることだと思います。

『駄文』なんて、おっしゃらずに、

もっと、もっと、
お話し、していただけたらと、思っています。


いつも、ありがとうございます。v-436v-410
2005/10/22(土) 10:50:14 | URL | ながの@21期 #IloBEcRA[ 編集]
ながのさん、こんにちは。

「東高野球部を甲子園に行かせるための作戦会議」かぁ~。
素敵ですね!
会議内容もとっても気になる。
ところで、瀧さんって野球部OBだったんですね。

その瀧さんですが、
先日(といっても1ヶ月くらい前)
静岡新聞に折り込まれていた
「アスタリスク・テン」
という女性情報誌に
インタビュー記事が載ってましたね~。
ご覧になりましたか?
この間の「作戦会議inガスト」の時に持っていこうと思ってて、
すっかり忘れちゃってたんですよ。

卒業生(もちろん現役生も)の活躍情報を見ると、
とってもうれしいし、
「自分もがんばらなきゃ」
って気持ちになります。



2005/10/27(木) 12:01:57 | URL | なみ@29期 #-[ 編集]
見のがしちゃった。
>なみ@29期

その情報誌の話は、周りの友達から、
さんざん教えてもらっているのですが、実物を読んでないんですよ~。

ちょうど、廃品回収に出してしまった後で、...残念。

今度よかったら、見せてね。

聞くところによると、
同窓会の日のことも、書いてあったそうですね。


瀧くんのような有名な人は、もちろんのこと、

みんなの目には、ふれないけど、
りっぱに活躍している東高出身の方々を、

これからも、伝えていきたいな。
2005/10/27(木) 13:00:48 | URL | ながの@21期 #swb6wEfA[ 編集]
校歌の思い出
入学式での校歌斉唱。壇上に応援団長が出てきたのに驚いた。しかも上級生の歌声は力強く、その後のエールで二度びっくり。校歌を熱唱できる先輩達が輝いて見えた。
応援団に入って、故松岡先生から校歌誕生の頃のエピソードもいろいろと伺った。当時は先にできていた東稜賦を校歌代わりに歌っており、歌詞も曲調も異なる校歌よりいいという意見も多かったらしい。だが、七五調でもなく一番も二番もない斬新な校歌こそが、自由闊達な校風に合うと生徒達が気づいた時、その歌詞の一言一句は生徒の心の中に根付いていったと・・・。
その校歌は最後にこう結んでいます。
『われら静岡東高』
学舎その物ではなく、そこに集う者たちこそが静岡東高なのだという高らかな宣言に、今更ながら深い感銘を受けます。
2005/10/31(月) 18:38:13 | URL | 川村(11期) #-[ 編集]
『われら静岡東高』
>川村(11期)さん

コメントありがとうございます。

なるほど、そういうことかぁ~。
と、思わずヒザを、たたいてしまいました。

いろんな方々のお話を、
聞けば、聞くほど、

静岡東高の校歌が、
好きになってきます。

こうなったら、
いつも目に付くところに、
歌詞を書き写して、
貼っておこうかな。


あっそうだ。
もっといいこと、思いついた。

7年も先の話になるけど、

この校歌。

東高50周年の記念ポスター
に、してみたらどうかなぁ。

ただ、歌詞を印刷してもつまらないから、
一枚の絵にしたらどうだろう。


校歌の歌詞から、生まれ出るイメージ。

その画面上に、
ちりばめられている歌詞。

こんな設定で、
すてきな絵をかける人
いないかなぁ。

う~ん。......

おっ、いるじゃないか。
22期の『風鈴丸』さんだよ。

彼女だったら適任じゃん。

40周年でも、記念誌の
表紙を描いてもらっているし。

うわ~。
ぜったい、実現したくなってきた。

よし。

こんど、風鈴丸さんに、
相談しちゃおう!

それから、
来年1月の同窓会の理事会で、
いっちょ、提案してみましょう!!!


おっと、勝手に、
盛り上がってしまいました。

みなさん、
こんな計画どうでしょうか?
2005/11/01(火) 02:40:06 | URL | ながの@21期 #IloBEcRA[ 編集]
しびれます!!
今でも、校歌を思い浮かべるだけで、涙がでます。
自分は吹奏楽部で演奏していたので、
ほとんど歌っていないのに、今でも、全部歌えます。
本当に、感動の校歌です。

ただ・・・最近の校歌、テンポが早いんです・・・
2005/11/03(木) 05:14:18 | URL | HIDETAKE@21期 #Qu.O31e.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://nagano.blog16.fc2.com/tb.php/68-00126d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。